カテゴリー別アーカイブ: 自己紹介

Fuぽに②

腐女子Ponyことcafe Ponyの店長です。
こんにちは。

包丁に引き続き、職業病の話です。
またお店情報と関係ありませんが、つらつらと。

実世界でお店の外にでることが少ないので、
インターネットという大きな海へPonyのチップをばらまいてます。
(お店に来たことない人も、こんな人が店長なんだーと想像がついた方がいいかと)

さてはて。
昨日ふと思いました。

大根が違う!!

なんなんだ、このみずみずしさとハリは!
(お母さんが差し入れで持ってきた大根)

毎日のように大根を刻み続け、
大根の違いがわかるようになりました。
また、毎日、淹れているコーヒーを飲んでいるために、
インスタントのコーヒーや、缶コーヒーが
苦手になりました(久々に飲んだ時、「なんじゃこりゃー!」となりました)

はじめに就職した会社の時は、
家電量販店いくたびに、カメラをひっくり返して裏側のシリアルナンバーを探し

次の会社では、
デパートで品質表示の取り付け方とファスナーとにらめっこをし

そして現在目覚ましなしで5時付近に目を覚まし、
食べ物の鮮度と活かし方を日々考えるようになりました。

3か月くらい前までは、
こんなことになろうとは思ってもみなかったなぁ。
と思うことの連続です。

Fuぽに①

こんにちは。
cafe Pony店長の腐女子Ponyです。

個人的なネタです。
お店情報などに興味のある方はご無視ください。

<包丁の話>
包丁が好きです。
でも、家電オタクとかみたいに、たくさんの情報を持っているわけではありません。
どのスペックがとか、どれがこうでとか。

大学時代、友人宅で使わせてもらったヘンケルスの包丁に出会ったとき、
本当に感激して、いつか買う!と決めました。
それまでの包丁への考え方が変わりました。
(数年後入手)

昨年、ひょんなことから東京の合羽橋にある包丁専門店、「鍔屋」さんにいく機会がありました。
(行きつけの焼き鳥屋さんの大将が誕生日で、なにが欲しいか尋ねたところ、
「出刃包丁」との回答だったため、知り合いの別の大将に包丁屋さんを紹介してもらいました)

出刃包丁を購入し、色々見ていたところ、
とても美しい包丁と出会いました。
なんでも、刃が70層になっていて、出荷できる数もかなり少ないそう。

<http://shop.tfm.co.jp/sizuku/contents/ECHIZEN/>

刃の幾何学模様は、つけたものではなくて、
鋼を叩いてできたそう。

超かっこいい!!!

当時は、そこまでこだわらなくてもいいか・・・と現実的になり、
半分の35層のものを購入(それも幾何学模様がついています)

めちゃめちゃよく切れる!!!

力をいれずに魚も肉も、すぅっと切れます。
油の多い豚肉も、美しい形で切断可能。

「これ使いはじめるとほかのやつ使えなくなるんだよね」
とお店の人がいっていたけど、本当にそう思います。
ヘンケルスを上回る衝撃。35でこれだったら、70はどうなるのか・・・

以来、鍔屋さんが気に行って、
パン切り包丁も、お店のために買いに行きました。

ものが美しく切れるとそれだけでテンションがあがります。

よし!
いつかある野望を達成したら、
自分へのご褒美として買おう!

その①終わり

自己紹介

yotyu

おはようございます。 cafe Ponyの店長こと、よっちゅです(あだなはランダムにかわります)

今日は、店長の自己紹介にお付き合いください。

性別:女性 お誕生日:4月13日

好きな食べもの:モンブラン(今年初めてつくりましたが、商品化には程遠そうです・・・)

得意な料理:レアチーズケーキ

出身地:愛知県西尾市(岡崎の隣のお抹茶のまち)

趣味:トライアスロン

得意な髪型:ポニーテール

最近はまっているもの:だてメガネ

経歴:2014年11月に会社に辞表をだし、OLとしての生活に終止符をうつ。12月中にPonyをひらく決意をする。※FBやってますので、そちらもご参照ください。<https://www.facebook.com/yoshiko.inagaki/about>

ポニーではもちろん、ポニーテールで勤務予定しています。 次回はメニューについて投稿します。お店のいきさつは気が向いたときにアップします!

では。

よっちゅ