カテゴリー別アーカイブ: 旅

屋久島フォトギャラリー⑥

そして、台風がやってくる~

@cafe Pony

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
aあおまると別れてから OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
翌日あmめの海 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
急きょ前泊した宿 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
帰りのフェリー OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
しろくまくん OLYMPUS DIGITAL CAMERA

屋久島フォトギャラリー⑤

サイクリングの旅~

@cafe Pony

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ジャンプしてるとこをとれずろうそ OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
あおまる OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
串カツ OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
よく見ると顔みたい OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
昼寝した高台 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
植物園 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
超長蝶  OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
試食 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
あげもち OLYMPUS DIGITAL CAMERA

屋久島フォトギャラリー

屋久島いっていたとき、ブログは携帯から書いていたので、屋久島の綺麗な写真をアップできませんでした。

と、
いうことで。

綺麗なのアップしないと屋久島に悪いかと思いますので、アップしてみます。

店長目線で、一緒に旅をしている気持ちでどうぞ!

cafe Pony店長

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
桜島。てっぺんみえず OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
石橋記念公園 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
公園であった猫 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グッバイ屋久島

KIMG1142携帯が、タッチパネル作動しなくなったり、鹿児島戻ったら直ったり

ついた日が晴天だったり
台風来たり
晴耕雨読さんでの出合い
ウミガメ観れたのもそう

なんだか、不思議なことが多かった屋久島

出発のあさ、
フェリーがでるかどうかを聞きに、散歩がてら港へ

晴れています

今日、フェリーでるよ
その一言を聞き、宿屋に戻ると、ザザー!

大雨がふってきました

私がごそごそしていたからか、シイナさんが起きてきて

車で乗せてってあげるよー

と、港まで送ってもらえることに。

歩いて20分ほどの距離なので、本当に神さまのように思いました。

チケットをもらい、
出発までの待ち時間。

なんだか、笑顔の晴天で迎えてもらって、涙の雨で、見送られるみたいだなーなんて思ったり。

便がとまっていたからか、帰りは直行便だからか、船内は賑わっていました。

不思議な旅だったけど、とても、素敵な時間をいただきました。

ありがとう、屋久島さん!

民宿 晴耕雨読さん

KIMG1138こんにちは。

先ほどセントレアを発ち、東岡崎に向かうバスに乗ってます、カフェポニーの店長です。

台風の五日目、最終便でバス移動。

西部のまちから、フェリー乗り場のある、北部のまちへ移動しました。

朝イチのバスでは、8:20のフェリーに間に合わないことが発覚し、淡い期待で宿屋の人乗せてってくれないかなぁとか思っていたものの、そんなこと頼む訳にもいかないし。ということで、バスの20分前くらいに別の民宿に電話して、宿を手配し、チェックアウト。
宿屋のおじさんは、トイレに入っていて、代わりにおばさんにその、前泊の旨を告げ、台風のようにでていきました。

バスに乗り、バス停で降りると、宿屋の人が迎えにきてくれました。

うちは、場所が分かりづらいから、と笑うおじさん。

同じフェリーに乗ってきたホテル勤務の女の子に教えてもらった民宿「晴耕雨読」

宿につくと、お風呂はここ、お部屋はここ

お腹はすいた?
いえ、そんなに

そんな会話をし、おじさんは去っていきました。

ぽつん。

あれ?おわり?

とりあえず、ビールでも買いにいこうとしたところ、共同のキッチンで料理をしている人たちが、声をかけてくれました

晩御飯、一緒に食べませんか?

あとで、なるほどと思ったのですが、ここのお宿は常連さんが多く、宿の人も、この人たちなら大丈夫って、ぽいっと行ってしまったのかなと

椎茸、ナス、ピーマン、いんげんの天ぷら
サラダ
トマト
たこのお刺身
バジル鯖
トンカツ

そして〆は、マンゴー!まで。

ビールをいただき、そのあと、芋焼酎を片手に、夜更けまで、語らいました。

屋久島初めてのかた、二回目のわたし、四回目の女性、20回目のシイナさん

年齢も性別も出身も違う人達が、その場所に集う不思議。

自己紹介もろくにしてないから、名前も分からず

仕事なにしてるとか、いつくとかそんな話題もせずに、屋久島をシーカヤックで一周してるとか、あの山がいいとか、お店、屋久島の産業などなど、気がつくと、12時までしゃべっていました。

シイナさんからは、さらにマンゴーと、亀さんのマグネットまでいただき本当に感謝感謝でした。
(天ぷらも、トンカツも、シイナさんが料理してくれた)

翌日出発するわたし、来たばかりの人、明日別の民宿にいくひと

一期一会

人の縁は不思議です

vs台風

KIMG1115カフェポニーの店長です。
実世界では、もうすぐ鹿児島。フェリーにいます。

旅行記五日目、
屋久島の三日目は、台風の日。

ほんとは、
この日の午前の便で屋久島を発とうと思っていたけど、フェリー欠航~高速船も欠航~

もともと、少し余裕を持っていたから、一日順延にすることに

雨音がすごい、ゲルのなか。
風もすごいけど、骨組みがしっかりしてるのか、まったくグラグラしません。

確かに、モンゴルってなんもないところだから、風が強くて、そこに耐えられるくらいだから、いい仕組みをしてるんだろう
(あとで、奥さんにきいたところ、風が逃げるような構造らしい)

丁度いいことに、病み上がりで一日自転車に乗ったせいか、いくら寝ても寝ることができ、退屈もせずぐっすりすやすや。

お昼過ぎて、とりあえず、お土産をかいにいくことに。
そして、当然のごとく濡れ鼠。

しょんぼり。

しかたなくまた宿にすごすご戻ります。

あおまるとの出合い

KIMG1118こんにちは。

カフェポニー店長が、屋久島での旅行をつづるシリーズ4日目。

不思議なことに、タッチパネルが回復して、帰りのフェリーで旅行記がかけています。

スマホばっかり触ってないで、、、って屋久島の神々様からのメッセージだったのかしら。

屋久島での二日目、
この日も真っ青な晴天に恵まれました。

レンタカーを返却したところに近い場所でレンタサイクルを借り

この日は、一日自転車で島を巡ることに。

もともと、青色や水色が好きなんですが、出会ったクロスバイクは、6段の青色!

わぁ!やった!!

よし、あおまる、一日よろしくね!
と、元気よく出発!

したは、いいものの。。。

やっぱり、まぁ~暑い!

かなり厳しいアップダウンと、浜からの強風。照り付ける太陽の、三重奏!

途中途中で、水をかい、
休憩し、北部の町から、西部の町についたくらいで、力尽きて、一休み。

ぐぐぅ。

見晴らしのよい高台で、気付くと一時間くらい寝てました。

どうしようかな。

民宿までいって、最寄りの返却地で乗り捨てようか(主要な集落での返却が可能なんです)

とも、思いましたが、この昼寝が体力回復に役立ったらしく、再び出発!

民宿で、一度汗をながし、ズボンを丈夫なものに替えて、南南東の町へ向かいます。

民宿の時点で17キロほど

そこから、5キロほどくだり、植物園へ

「猿が出たら、ゆっくりと後ずさりしてください」の看板に

うひゃー

と、思っていましたが、
園内に、猿の姿はなく。
たまたまお客様も私一人で、ひらひらと舞う真っ黒な蝶々がたくさんいて、そんななかをブラブラ歩いてました。

車では気付かなかったけど、車道ではよく、この黒い蝶々たちとすれ違い。
また、車にひかれているものもたくさん見かけました。

植物園へは、岡魂(岡崎魂の、岡崎マラソンのTシャツ)をきていて、その赤さをハイビスカスと間違えたのか、黒蝶が肩にのっかってきました。

あんまし、人を怖がらないのかな~。うふふ~。かわいい。

ほんとは、植物園で乗り捨てようと思ってましたが、意外と体力が残っていたので、次の集落へ

尾之間という、温泉の町です。

残念ながら、お風呂の用意を持ってなかったので、バスの時間までふらっと、カフェにでも入ろう

そしてここで、あおまるにお別れを言いました。

一日、本当にありがとう!

返却場所がガソリンスタンドという少し面白い感じに

でも、車でも、歩くでもない、風をきって屋久島を体験できて、あおまるのおかげで、楽しく一日を過ごせました。

真っ黒焦げポニー店長の旅はつづく